自転車処分 おすすめ

自転車の処分をどうすればよいのでしょうか。使わなくなったり、壊れたりした自転車の処を私たちはどのようにすればよいのでしょうか。私たちの身近な家庭ごみ、分別し回収してリサイクルできるものもあります。自転車の処分・出し方についてのページです。

自転車イラスト

使えなくなった自転車をゴミとして処分する時、お住まいの地域によって分別の仕方や回収方法が異なりますので、注意が必要です。細かい分別は、お住まいの地域のごみ収集カレンダーや自治体ホームページの家庭ゴミの出し方などで確認しましょう。

参考になる不用品回収業者
業界不用品部門人気NO1の信頼と実績と言われているこちらの

ECOクリーン



自転車処分の防犯登録の解除方法

自転車を処分する前に、まず防犯登録の抹消が必要となります。

自転車登録抹消は自転車購入店かお近くの交番で行ってください。

手続きには、登録している方の身分証明書と、防犯登録時に自転車販売店から貰った防犯登録カードが必要になります。

自転車本体に貼ってあるシールをはがすだけでは自転車の防犯登録の解除にはなりません。

その自転車を購入した店または近くの交番や警察署で登録の解除をしてもらいましょう。

【自転車を処分するために防犯登録解除に必要なものをまとめると】
  • 身分が証明できるもの
  • 防犯登録カード

  • なお、売却や知り合いに譲った場合など、防犯登録の名義を変更することはできません。

    一旦、持ち主が防犯登録を解除し、次の持ち主が新たに登録することになります。

    スポンサーリンク

    参考になる不用品回収業者
    業界不用品部門人気NO1の信頼と実績と言われているこちらの

    ECOクリーン


    信頼のある業者に見積もりを依頼して、金額や対応を確認してから依頼すると、安心して気持よく自転車を処分することが出来ます!

    自転車処分 おすすめ

    自転車を処分してスッキリする方法
    不用になった粗大ごみを処分したいけれど、自転車リサイクルショップで買い取ってもらえるのか、自治体に粗大ごみ・資源ごみとして出すか、業者さんに処分をお願いしたほうがいいのかとかお悩みの方。おすすめの自転車処分の方法を四つ紹介させていただきます。

    また、自転車を処分するためにどれくらいの費用がかかるのか、処分するための時間と手間なども気になる所ですね。
    この自転車の処分にはいくつかの方法があります。あなたも納得できるおすすめの処分方法で、スッキリさせましょう!
    それでは使わなくなった自転車の処分方法を紹介します!

     

    スポンサー リンク

     

    おすすめな自転車の処分四つの方法

    自転車処分で知っておきたい四つの方法を紹介します!
    自転車の処分方法は大きく分けると四つありますので是非お役立てください。

     

  • おすすめ@ 自転車リサイクルショップに買取で引き取ってもらう!
  • おすすめA 不用品回収業者さんに引き取り依頼する!
  • おすすめB 粗大ごみ・資源ごみとして自治体に回収してもらう!
  • おすすめC 粗大ごみ・資源ごみとして自治体の指定場所に持ち込む。
  •  

    このように自転車の処分方法として考えられるのが上記四つの方法です。
    あなたにとって最適な処分が出来るようにそれぞれの方法を紹介します。

     

    おすすめ@ 自転車リサイクルショップに買取で引き取ってもらう!

    自転車の「無料査定」「出張買取」をしてくれる自転車リサイクルショップです。

    自転車に限りませんが、リサイクルショップでは家庭で不要になったモノを査定し、引き取ってくれる場合があります。あなたにとって不要なものでも、誰かにとっては必要とされる物かもしれません。
    そういった場合には、お金になる可能性もあります。

     

    しかし、ほとんどの場合自転車はこちらの希望する金額で査定されることはほとんどありません。ですから過度な期待はしない方がいいと思います。

     

    売れない場合を考えると、粗大ごみ、業者引き取りを依頼する事になり、お金がかかるわけですから、使わない自転車をタダで引き取ってもらえればよい。というくらいに思っていればショックも少ないと思います。

     

    自転車の処分の際に自分で自転車を運び出すのは重くて大変です。自転車リサイクルショップで、無料で査定してくれて、お金にならなくても引き取ってくれるのであれば、お任せするのが一番良い自転車の処分方法だと思います。

     

     

    それでも提示された価格が妥当なのか判断が付かない場合は、高く買い取ってくれる業者があるかもしれませんので、他の自転車リサイクルショップを探して見てください。

     

    おすすめA 不用品回収業者さんに引き取り依頼する!

     

    自転車リサイクルショップで売れない、引き取ってくれない場合には不用品回収業者に自転車を引き取ってもらう方法です。まず、不用品回収業者とはどんなところなのかを見てみましょう。

     

    不用品回収業者が扱っているもの

    不用品回収業者とは、一般家庭からオフィス用品まで幅広く自転車の回収を行なってくれる業者のことです。営利を目的として商売をしているので、自治体と違い自転車を回収、処分するのに処分料金が発生します。基本的には有害、危険な物以外どのような物でも回収、処分してくれます。

     

    不用品回収業者を利用するメリットは

  • 問い合わせをするとすぐに対応してくれる
  • 自転車の回収日はこちらの都合で対応してくれる
  • 自転車の運び出しを業者がすべてやってくれる
  •  

    不用品回収業者を利用するデメリットは

  • 自転車の回収、処分の金額がわからない
  • どこの業者を選べばよいのかわからない
  • 自治体と比較して金額的に高いことが多い
  • と言ったことが考えられます。

    自転車は引っ越しの際には急いで処分したいですが、素早い対応をしてくれる信頼できる業者に依頼することが大切です。

     

    もし、引越しなどで時間が無い場合などは、こちらの不用品回収業者を参考にしてください。
    業界不用品部門人気NO1の信頼と実績のある



    で見積もりを依頼して、金額、対応を確認してから依頼すると、安心して気持よく自転車を処分することが出来ます!

     

     

    おすすめB 粗大ごみ・資源ごみとして自治体に回収してもらう!

    粗大ごみ・資源ごみとして自治体に自転車を回収してもらう方法のご紹介です。

     

    都道府県のそれぞれの自治体で粗大ごみ・資源ごみとして自転車を回収してくれます。自転車リサイクルショップで買い取ってくれないような傷や汚れがひどいもの場合や自転車業者の引き取り金額が高いなどの場合は、お住まいの自治体に粗大ごみ・資源ごみとして回収してもらうことも検討してください。

    すぐには自転車を回収してくれませんので、事前に自治体に連絡して、粗大ごみシールの購入などの必要もあります。また、自分で粗大ごみの自転車を指定場所(玄関先や道路わき)まで運び出さないといけないという手間はありますが、不用品回収業者に比べて比較的安い金額で回収してもらえると思います。

     

    自転車を自治体に粗大ごみ・資源ごみとして回収してもらう場合、回収してもらうためのルールがありますのでご注意ください。それぞれの自治体のホームページや粗大ごみの出し方ガイドブックを参考にして、不用になった自転車を正しく処分してください。

     

     

    おすすめC 自転車を自治体指定の場所に持ち込み処分する

    不用となった自転車の処分を自ら持ち込んで処分する方法で、粗大ごみ・資源ごみとしては最も安く処分することが出来ると思います。

     

    粗大ごみの持込料金や処理するルールは各自治体によって違いますので、お住まいの自治体に確認をしてください。

     

    粗大ごみを自治体に依頼する場合は、それぞれの自治体のホームページや粗大ごみの出し方ガイドブックで検索すれば、粗大ごみの出し方が載っていますので参考にしてください。
    粗大ごみの出し方ガイドブック

     

     

    まとめ

    自転車の処分四つの方法を紹介させていただきました。それぞれの自転車の処分方法をご理解いただき納得のいく処分をしてください。

    1. 自転車リサイクルショップで金額がつかなくても無料で引き取ってくれるなら処分する。
    2. 買取がつかない場合には、自治体の粗大ごみ処分料金と日数を確認したり比較した上で、不用品回収業者に見積もりを出してもらう。
    3. 自転車の処分に高いお金が必要であれば、自治体に粗大ごみ・資源ごみとして回収してもらう。
    4. 自分で自治体指定の場所に持ち込む。

     

    自転車の処分方法四つを紹介させていただきました。これらを参考にしていただき、不用になった自転車を安心して処分してお部屋をスッキリさせてください。

     

    参考になる不用品回収業者
    業界不用品部門人気NO1の信頼と実績と言われているこちらの


     

    をご覧になって不用品回収業者のイメージをつかんでください。