不用品マットレス処分方法

不用品マットレスの処分方法

不用品のマットレスを処分する方法
使わなくなったマットレスを処分したいけれど、リサイクルショップで買い取ってもらえるのか、自治体に粗大ごみとして出すか、業者さんに処分をお願いしたほうがいいのかとかお悩みの方。マットレス処分の方法を四つ紹介させていただきます。

また、マットレスを処分するためにどれくらいの費用がかかるのか、処分するための時間と手間なども気になる所ですね。
このマットレスの処分にはいくつかの方法があります。あなたも納得できるマットレスの処分方法で、お部屋をスッキリさせましょう!
それでは不用になったマットレスの処分方法を紹介します!

 

不用品のマットレス処分四つの方法

マットレス処分で知っておきたい四つの方法を紹介します!
マットレスの処分方法は大きく分けると四つありますので是非お役立てください。

 

@リサイクルショップに買取で引き取ってもらう!
A不用品回収業者さんに引き取り依頼する!
B粗大ごみとして自治体に回収してもらう!
C粗大ごみとして自治体の指定場所に持ち込む。

 

このようにマットレスの処分方法として考えられるのが上記四つの方法です。
あなたにとって最適な処分が出来るようにそれぞれの方法を紹介します。

 

@リサイクルショップに買取で引き取ってもらう!

マットレスの「無料査定」「出張買取」をしてくれるリサイクルショップです。

マットレスに限りませんが、リサイクルショップでは家庭で不要になったモノを査定し、引き取ってくれる場合があります。あなたにとって不要なマットレスでも、誰かにとっては必要とされるマットレスかもしれません。
そういった場合には、お金になる可能性もあります。

 

しかし、ほとんどの場合マットレスはこちらの希望する金額で査定されることはほとんどありません。ですから過度な期待はしない方がいいと思います。

 

売れない場合を考えると、粗大ごみ、業者引き取りを依頼する事になり、お金がかかるわけですから、使わないマットレスをタダで引き取ってもらえればよい。というくらいに思っていればショックも少ないと思います。

 

パソコンの買取と処分方法

製造から5年前後のパソコンの買い取り。
デスクトップパソコン、ノートパソコン、一体型パソコン、mac、タブレット、ビンテージPC
例えばWindows XPなどの古いOSでも、状態がよくて動作に問題がないものはまだまだ買い取りが可能です。 また、PC98シリーズなどのビンテージコンピュータも買い取りが可能です。
パソコン関連品何でも買取はヤマトク

 

5年以上前のモデルで正常動作しないPC・周辺機器などについては、こちらを参考にしてください。
お金をかけずに0円でパソコンを処分出来ます。
パソコン無料回収

 

フィギュア・本&DVD・マンガの買取

フィギュアの買取
フィギュア、ドール、鉄道模型の高額買取【ホビー買取専門 リサイクルネット】

 

本&DVD 宅配買取
本&DVD 宅配買取

 

マンガの買取
漫画買取ネット

 

 

不用になったマットレスの処分の際に自分でマットレスを運び出すのは重くて大変です。リサイクルショップで、無料で査定してくれて、お金にならなくても引き取ってくれるのであれば、お任せするのが一番良いマットレスの処分方法だと思います。

 

 

それでも提示された価格が妥当なのか判断が付かない場合は、高く買い取ってくれる業者があるかもしれませんので、他のリサイクルショップを探して見てください。

 

 

A不用品回収業者さんに引き取り依頼する!

 

リサイクルショップで売れない、引き取ってくれない場合には不用品回収業者にマットレスを引き取ってもらう方法です。まず、不用品回収業者とはどんなところなのかを見てみましょう。

 

不用品回収業者が扱っているもの

不用品回収業者とは、一般家庭からオフィス用品まで幅広く不用品の回収を行なってくれる業者のことです。営利を目的として商売をしているので、自治体と違い不用品を回収、処分するのに処分料金が発生します。基本的には有害、危険な物以外どのような物でも回収、処分してくれます。

 

不用品回収業者を利用するメリットは

  • 問い合わせをするとすぐに対応してくれる
  • マットレスの回収日はこちらの都合で対応してくれる
  • マットレスの運び出しを業者がすべてやってくれる
  •  

    不用品回収業者を利用するデメリットは

  • マットレスの回収、処分の金額がわからない
  • どこの業者を選べばよいのかわからない
  • 自治体と比較して金額的に高いことが多い
  • と言ったことが考えられます。

    不用なマットレスは引っ越しの際には急いで処分したいですが、素早い対応をしてくれる信頼できる業者に依頼することが大切です。

     

    もし、引越しなどで時間が無い場合などは、こちらの不用品回収サービスを参考にしてください。
    業界不用品部門人気NO1の信頼と実績のある



    で見積もりを依頼して、金額、対応を確認してから依頼すると、安心して気持よくマットレスを処分することが出来ます!

     

     

    3.粗大ごみとして自治体に回収してもらう!

    粗大ごみとして自治体にマットレスを回収してもらう方法のご紹介です。

     

    都道府県のそれぞれの自治体で粗大ごみとしてマットレスを回収してくれます。リサイクルショップで買い取ってくれないような傷や汚れがひどいもの場合や不用品業者の引き取り金額が高いなどの場合は、お住まいの自治体に粗大ごみとして回収してもらうことも検討してください。

    すぐにはマットレスを回収してくれませんので、事前に自治体に連絡して、粗大ごみシールの購入などの必要もあります。また、自分で粗大ごみのマットレスを指定場所(玄関先や道路わき)まで運び出さないといけないという手間はありますが、不用品回収業者に比べて比較的安い金額で回収してもらえると思います。

     

    マットレスを自治体に粗大ごみとして回収してもらう場合、回収してもらうためのルールがありますのでご注意ください。それぞれの自治体のホームページや粗大ごみの出し方ガイドブックを参考にして、不用になったマットレスを正しく処分してください。

     

     

    4.マットレスを自治体指定の場所に持ち込み処分する

    不用となったマットレスの処分を自ら持ち込んで処分する方法で、粗大ごみとしては最も安く処分することが出来ると思います。

     

    粗大ごみの持込料金や処理するルールは各自治体によって違いますので、お住まいの自治体に確認をしてください。

     

    粗大ごみを自治体に依頼する場合は、それぞれの自治体のホームページや粗大ごみの出し方ガイドブックで検索すれば、粗大ごみの出し方が載っていますので参考にしてください。
    粗大ごみの出し方ガイドブック

     

     

    まとめ

    マットレスの処分四つの方法を紹介させていただきました。それぞれのマットレスの処分方法をご理解いただき納得のいく処分をしてください。

    1. リサイクルショップで金額がつかなくても無料で引き取ってくれるなら処分する。
    2. 買取がつかない場合には、自治体の粗大ごみ処分料金と日数を確認したり比較した上で、不用品回収業者に見積もりを出してもらう。
    3. マットレスの処分に高いお金が必要であれば、自治体に粗大ごみとして回収してもらう。
    4. 自分で自治体指定の場所に持ち込む。

     

    今回はマットレスの処分方法四つを紹介させていただきました。これらを参考にしていただき、不用になったマットレスを安心して処分してお部屋をスッキリさせてください。

     

    参考になる不用品回収業者
    業界不用品部門人気NO1の信頼と実績と言われているこちらの


     

    をご覧になって不用品回収業者のイメージをつかんでください。

    小型家電リサイクル法知っていますか?

    使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

    使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

    平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

    スポンサー リンク